手放したくないマンションを貸したい

色々な不動産会社に行ってみることが大切

とにかく不動産会社に相談をしなければ始まりませんので、思い当たるところにいくつか足を運んでみました。
この時に大切なのが、色々な不動産会社に行ってみることでしょう。
というのも委託先によって家賃設定や管理手数料などが違ってくるからです。
話しを聞いてみると物件の評価が各々で違っていたり、必要な手数料にも差異があったりで、しっかりと選んだ上で任せるところを決めないと失敗します。
それに、信頼のできるところに頼まないと安心をして預けることができません。
売却をしてスッキリ手放すのならまだしも、将来的に戻ってくることを前提で貸すわけですので、心から任せたいと思える不動産会社に頼みたいものです。
いくつも不動産会社を巡ってみると、安心のできる会社なのか、この担当者は信頼ができそうなのかなど、見えてくるものもありますので、十分に比較をしてから決定した方が失敗もしにくくなるはずです。
ところで、将来的に戻ってくるということもあり貸し方が要だったのですが、定期借家で貸し出すことになりました。
普通借家と違い一定期間で契約が満了するため、入居者がいて戻れないという事態を防ぐことができます。
ただ、定期借家ですと家賃が低めになってしまうのがデメリットとしてあります。
私のケースの場合も相場よりも下げざるを得ず、家賃収入という面ではネックがありました。
とはいえ、一定期間で空室にできるのは安心が確保されていますので、戻ってくる計画の場合は必然ともなる貸し方と言えそうです。

マンション購入は大きな買い物ゆえに慎重 : 色々な不動産会社に行ってみることが大切 : 問題は入居者が入ってくるかどうか

マンションを貸したい家やマンションを貸したい方への手引き TOP|不動産ガイド|東急リバブル